言語

成長を続ける国

近年急速な成長を遂げた中国に進出する日本企業は数多くあります。そのため翻訳サイトを利用して日本語を中国語に変換する機会が増えたといっていいでしょう。ここでは翻訳サイトではどのように言語を訳しているか紹介していきます。
現在、欧米間の言語に関しては高い水準での翻訳が可能となってきています。これは文法が似通った言語だからという大きな理由があります。したがって、日本語から英語・中国語への訳する場合はまだ十分とはいいきれないのが現状です。しかし、Webサイトをうまく活用することで高いレベルで言葉を訳しコストを抑えることができるでしょう。翻訳サイトを使う場合は部品や地名のリストや会社内で利用するような速報性が高くて概要を簡単に伝えるための文書などスピードとコストが優先される場合に有効とされています。また、一度ソフトを使って訳した後に、ポストエディットという編集を利用することでより正確に日本語から中国語へ訳せるといえます。この方法は専門の方が言語を訳すので自動翻訳ソフトの癖や特長を理解しているため安心して依頼することができます。日本語から中国語に訳する際は簡体字と繁体字があり、主に本土は簡体字、台湾や香港は繁体字と使い分けることが必要になりますが、旅行のパンフレットなどに利用する場合は両方の言語を使うことで政治的な背景にも考慮することができるので、トラブルも防ぐことができるでしょう。
日本語から中国語に訳するのはなかなか難しいものになります。自身で翻訳するよりも専門のサイトなどを利用することで手間やコストを抑えることができ、正確に言葉を訳する事ができるでしょう。

ソフトの特性

外国語を翻訳する際に、翻訳代行サービスソフトを使う機会が増えてきています。このソフトには一般向けのものと業務用のものがあり、今回は業務用の翻訳ソフトの特性をメインに説明します。

詳細を確認する...